たか(taka)です。

今回、紹介する未解決事件は

1991年7月25日に行方不明になった
石井舞ちゃん 失踪当時7歳について…

テレビ、新聞などメディアで大きく取り上げ話題になった行方不明事件です。

 

 

スポンサードリンク


 

 

石井舞ちゃんについて

 

福島県田村市船引町で建築業を経営する石井賢一さんの
長女・舞ちゃん(当時7歳)が
深夜、就寝中に突然行方不明となる。

非常に不可解な事件((((;゚Д゚))))

 

 

当時の特徴は…

 

年齢:7歳(平成29年8月現在33歳)

身長:120センチメートル位

体重:21キログラム位

体格:中肉

髪型:ショートカット

特徴:額が広く鼻の右脇に粟粒大のほくろがある。
笑うとえくぼが出来る。

上衣:横縞の婦人用Tシャツ

下位:白色のパンツ

 


突然、行方不明となった石井舞ちゃん

出典:http://www.police.pref.fukushima.jp/keisou/johofiles/miharu01.html

 

 

行方不明になるまでの経緯

 

時系列で追っていく。

 

1991年7月24日
自宅には父の賢一さんと妻のヨシ子さん、
長男、次男、長女(舞ちゃん)の3人の他に

賢一さんの両親、賢一さんの姪(当時17歳)
そして、賢一さんの建築会社の従業員で姪の恋人のKさん(当時20歳)

の9人の他に、
ヨシ子さんの友人の子供女の子2人が泊まりに来ていたという。

 

昼過ぎに姪は実家のある郡山市に出かけ、
その後、自宅にはいなかった。

 

夕方にKさんの部屋で舞ちゃんたちは
テレビゲームをして遊ぶ。

 

午後9時頃に舞ちゃんの祖父母は1階洋間のKさんの部屋の電気が消えるのを確認。
2階の部屋で賢一さん、長男、次男が就寝する。

 

9時20分頃に祖父母はタクシーを呼びカラオケスナックへ行く。
外出する際、1階玄関はしっかりと施錠した。

 

9時30分頃、2階の洋間で舞ちゃんと遊びに来ていた2人の女の子の3人が就寝。
両親、兄弟の隣の部屋である。

 

10時30分頃、母 ヨシ子さんが舞ちゃんの寝ている部屋をのぞき、
タオルケットを掛け直す。

 

その後、2階の洗面所を使っていると、1階の玄関扉がバタンと閉まる音がしたので、
窓から外を見てみるとKさんが南の方に歩いていくのを目撃する。

ヨシ子さんはたいして気にも留めず、1階にある浴室で入浴した。

しばらくしたら、再びドアの閉まる音がして、階段を上がる足音を聞く。

ヨシ子さんは入浴後、賢一さんや長男らの眠る部屋に行き
そして就寝した。

 

1991年7月25日午前2時
祖父母がカラオケスナックから帰宅。
この時、1階の玄関のドアのカギが開いていたので施錠する。

 

祖父母は2階にやってきて「Kがいない!」
賢一さんを起こすが、眠いのか「明日聞くから」といいすぐ寝てしまう。

 

午前5時20分頃、舞ちゃんと一緒に寝ていた子供が目を覚ます
と舞ちゃんの姿がなかったことに家族はパニックに!

 

午前6時30分頃にKさんが外出先から戻ってくる。

 

Kさんの話によると…
「夜10時半ごろ、友人に会うため郡山に向かい
船引駅に着くと、最終電車が出たばかりだったので、タクシーを拾って行った。
しかし、郡山にその友人は現れず、始発で帰ってきた。」

とのこと。

 

Kさんはその後、警察に2週間に渡る取り調べを受けることになるが、
タクシー運転手が郡山までKさんを乗せたという証言をしたことで
釈放されている。

 

 

スポンサードリンク


 

 

何かと不可解なこの事件

 

警察の現場検証では家に住む人以外の指紋などは検出されなかったことと、
あと、警察犬を捜査に導入したが玄関先で立ち止まったということ。

このことから舞ちゃんは抱えられて車に乗せられ
連れ去られたということになる。

 

Kさんが犯人ではないかと疑わるものの
(何かと怪しいところがあるが…)
犯行を裏付ける物的証拠がないということで釈放されている。

自宅には10人もの人間がおり、
しかも、犯行は就寝中に起きる。

 

犯人は何故、わざわざ他の子供達と一緒に寝ている
舞ちゃんだけをターゲットにして連れさったのだろうか?
謎多き事件です!!

 

 

事件から26年経ちますが
今現在も発見されず迷宮入りの行方不明事件となっている。

石井舞ちゃんについて何か知っている方は
福島県警へご連絡よろしくお願いします。

福島県警ホームページ

 

 

スポンサードリンク