今回のテーマは過去に日本で起きた恐ろしい事件簿
千葉県茂原市女子高生殺人事件についての記事です。

千葉県茂原市女子高生殺人事件とは
2004年(平成16年)に千葉県茂原市で発生した殺人事件です。

被害者は高中香織さん(当時17歳)
茂原市新小轡の県立長生高校定時制2年生でした。

 

 

スポンサードリンク


 

 

高中香織さんを殺害した犯人(加害者)について

 

高中香織さんを殺害した犯人は複数人。

 

いずれも千葉県茂原市内在住

斎藤義仁(当時20歳)、神明勝信(当時21歳)

県立高校1年生A(当時16歳)、無職B(当時16歳)、
配管工C(当時18歳)の少年3人

 

未成年の少年グループを含めた
計5人の犯行による残忍・凶悪事件である。

 

 

斎藤義仁(犯行時20歳)

斎藤義仁は県警茂原署特別捜査班の調べに対し、
「以前から市内などで仲間とひったくりをしていた」と供述。

事件のあったJR茂原駅周辺は、
若者たちが結成したカラーギャングと呼ばれるグループがたむろし、
ひったくりなどが多発していた。

 

斎藤義仁の知人女性によると、
同容疑者は半年ほど前、仲間約10人に呼び掛け、
自分の名前を1文字取った藤友会というグループを結成して
毎日のように遊び回っていたという。

 

逮捕された他の少年3人もメンバーだった。

 

斎藤義仁は、本件で起訴された事件だけでも、
本件強盗殺人等のほか、強盗強姦1件、強盗傷人2件、恐喝・傷害1件、窃盗4件
などの罪を犯していた。

 

被告人ら5人の全部又は一部による
法定刑の重い重大事犯のすべてに関与している。

神明勝信とは幼なじみの同級生であり、不良仲間であった。

 

また、犯人の一人であるAは斎藤義仁の実の弟である。

斎藤義仁が5歳の頃に両親が離婚している。

 

最初は母親と暮らしていたが、
1994年(平成6年)頃から暴力団の組長をしていた
父親と生活するようになった。

 

中学校卒業後の1999年(平成11年)に、
幼なじみの神明勝信とともに犯した
強盗致傷罪等により初等少年院送致の処分を受ける。

 

少年院仮退院後は、父親が組長となっている
暴力団の組員になったが他の暴力団関係者の
自動車を盗んだということで所属暴力団を破門された。

 

なお、斎藤義仁が、後述するAの結成した
カラーギャングの後見人になったことから、
5人はともに行動するようになった。

 

JR茂原駅で働く女性従業員の話によると、
駅前周辺には白、青、赤などいくつかのカラーギャングと
呼ばれるグループが集まり、グループ同士でケンカしたり、
祭りの時は何百人も集合し、改造した車やバイクで暴走をしていた。

 

 

神明勝信(犯行時21歳)

千葉県警捜査一課と茂原署の特別捜査班は
2004年(平成16年)12月29日夕方、殺人と死体遺棄の容疑で指名手配していた
住所不定、職業不詳、神明勝信を埼玉県上尾市内で逮捕した。

 

交友関係を捜査していたところ、
上尾市内の知人男性のアパートに一人でいた神明勝信を発見!
その場で容疑を認めた。

 

神明勝信は、斉藤義仁らが逮捕された12月23日に行方を眩ませ
特捜班は翌日の24日に指名手配した。

 

犯行に使用したレンタカーは、神明勝信の名義で借りていた。

 

神明勝信は、本件で起訴された事件だけでも、
本件強盗殺人等のほか、強盗傷人2件、恐喝2件、恐喝・傷害1件、
窃盗4件などの罪を犯していた。

 

斎藤義仁とは同級生であり、
暴力団組員としての経歴もある斎藤義仁とは、
互いに兄弟と呼び合う仲であった。

父親の暴力により家庭内が不和になったことの理由で
斎藤義仁と交遊するようになった。

 

今回の事件以前にも、強盗致傷等の罪により2回ほど
中等少年院送致の処分を受けていたという。

 

 

少年A(犯行時16歳・斎藤義仁の弟)

Aは本件で起訴された事件だけでも、本件強盗殺人等のほかに
強盗傷人1件、恐喝1件、恐喝・傷害1件、窃盗3件の罪を犯していた。

 

Bとは小学校時代の同級生であり、
斎藤義仁は実の兄である。

 

Aは1歳のころに両親が離婚し、
母と暴力団組長であった父の下を行ったり来たりしていた。
兄である斎藤義仁の影響により、小学生の頃からシンナーを乱用しており、
中学2年時の2002年(平成14年)には、ひったくりやバイク盗難により
2回保護観察処分を受けた。

 

更に2003年(平成15年)には
恐喝罪により初等少年院に送致される。

 

2004年(平成16年)4月に少年院を仮退院した後は
カラーギャングを結成してリーダーとなった。

 

なお、結成後間もなく、Aは暴力団組員になるため
カラーギャングをやめてリーダーをBに譲った。

 

 

少年B(犯行時16歳)

Bは、本件で起訴された事件だけでも、
本件強盗殺人等のほか、
強盗傷人1件、窃盗8件などの罪を犯していた。

Aとは小学校時代の同級生である。

 

Bは中学生のころから非行性を強めており、
同級生Aを通じて斎藤義仁と知り合ってからは、
暴力性を強めていった。

Aが結成したカラーギャングではサブリーダーを務めた後、
リーダーを務めていた。

 

 

少年C(犯行時18歳)

斎藤義仁の父親の下で配管工等をしていたという。

 

 

事件の経緯について

 

斎藤義仁らは2004年(平成16年)12月22日午前4時半頃
茂原市町保のJR茂原駅前で高中香織さんを
軽乗用車に無理やり押し込んで拉致した。

 

午前6時半頃、JR茂原駅から北へ約20キロ離れた
同県東金市油井の廃墟内で紐のようなもので
高中香織さんの首を絞めて殺害し、
廃墟内にあった大型の冷蔵庫に遺体を遺棄した。

 

高中香織さんは当時、同級生と一緒で
駅周辺の路地を歩いていたら…

「5人ぐらいの男にいきなり口をふさがれてバッグを奪われ、
友達がいなくなった」

と…
同級生の女子生徒(当時17歳)はすぐさま警察へ通報!

 

千葉県警茂原署の捜査で、同駅周辺を徘徊するグループなど
から斎藤義仁らが浮上した。

12月22日夜の斎藤義仁らの供述通り、
翌日の23日午前0時過ぎ、廃墟で高中香織さんの遺体を発見した。

 

斎藤義仁ら5人は遊び仲間で、
「路上強盗が発覚するのを恐れてやった」
などと容疑を認めている。

 

高中香織さんが連れ去られたとみられる駅西口の現場から、
数十メートル離れて交番がある。

茂原署は
「12月22日の早朝は交番に警官がいたかどうかは不明」
と話した。

 

高中香織さんらはカラオケなどの遊びに行った帰りで、
事件当時の人通りは少なかったという。

一緒にいた同級生以外に目撃者はなかった。

 

駅周辺では2004年(平成16年)2月に2件のひったくり事件が発生!

 

深夜まで若者がたむろしており
近隣住民から「不安だ!」との指摘があった。

 

 

高中香織さんの遺体発見現場は、
事件の約5年程前に倒産・廃業となった。

元々はラブホテルでその後は魚料理店になった。

 

立ち入りを制限する柵などはない。

 

心霊スポットとして若者の出入りがあり、
地元住民から対策を求める声が市や警察に寄せられていました。

 

高中香織さんが通っていた県立高校定時制の教頭は
「生活態度も落ち着いていて友人関係も良かった。」

「このような事件に巻き込まれているとは想像しなかった」
と沈痛な表情で話した。

 

高中香織さんは3人姉妹の次女であった…。

 

昼間はアルバイトをしながら定時制高校に通い、
教科書を無償で支給される奨学生に選ばれるほど
勉学に励んでいた…。

 

中学生の頃から交際していた男性と将来
結婚をすると約束をしていたという。

だが、その夢は叶わなかった…。

 

 

斎藤義仁ら5人は取り調べ中ににやけており、
反省も謝罪もなかったという。

まさにクズ中のクズで許せない事件です!

 

 

遺体が発見された場所について

 

高中香織さんの遺体が遺棄された現場は
東金インターチェンジから近い場所です。

心霊スポットとしても有名な廃墟
活魚ホテル(由井グランドホテル)跡地

廃墟についての詳しい情報はこちらの記事をご覧ください。

 

Googleマップ

 

ストリートビュー

夜になると不気味ではないか!?((((;゚Д゚))))

 

 

裁判の行方は!?

 

果たして裁判の行方はどうだったのか!?

千葉地裁【2005年(平成17年)11月16日】にて

 

5人には、本件以外にも強盗強姦や強盗傷害など
多数の余罪があったということで

斎藤義仁、神明勝信、Cに無期懲役

Aに懲役14年、Bに懲役13年
判決が下され確定した!

 

犯人の1人Cは、2005年(平成17年)10月14日
拘置中の千葉刑務所で首を吊って自殺した。

 

Bは既に出所しているかもしれないし、
Aについてもいつかわからないけど2019年(令和元年)に出所予定かもしれない。

 

 

斎藤義仁と神明勝信は一生刑務所暮らしで獄中死する!?

 

千葉での事件なので千葉刑務所に収監されていると思いますが…

刑務所で一緒だった元受刑者の話で
神明勝信は岐阜刑務所という噂もあります。

 

千葉刑務所や岐阜刑務所は長期(懲役10年以上)の受刑者を収容する施設です。

 

それにしても20歳の若さで無期懲役とか悲惨すぎる。

たったひとつ過ちを犯したことで
完全に人生が終わりますからね。

 

しかも、斎藤義仁と神明勝信は
強姦、強盗致傷など余罪があまりにも多すぎるので
30年経過しても出所はほぼ100%不可能でしょう。

刑務所内でも受刑態度が悪く
懲罰も多いという情報もあります。

 

前科がない無期懲役囚でも30年経過したところで
仮釈放が認められていないのが現状です。

 

現在、有期刑が最高で30年なので、
無期刑の場合は30年以上は服役しないと仮釈放が認められないです。

斎藤義仁と神明勝信の場合、
仮釈放が認められるのが40年後だとしたら…
60歳以上になっているな…((((;゚Д゚))))

 

無期懲役は死刑に次ぐ最も厳しい刑であり、
運良く出所できたとしても一生保護観察が付きます。

 

無期なので刑期に終わりがない。

無期懲役とは自由がなく死ぬまで続く刑罰なのです。

 

恐らく、斎藤義仁と神明勝信は刑務所から出ることなく
一生刑務所暮らしで獄中死確定でしょう。

 

まぁ、外道の最後はこんなもんですよ!

こういう奴らはシャバに出すと危険なので一生刑務所に入っていてほしいです。

 

 

事件を振り返ると今だ怒りが込み上げてきます。
「よくこういうことができるな」と…

 

極めて残忍かつ理不尽で非常に恐ろしい殺人事件
マジ死刑でもいいくらいです!

 

高中香織さんのご冥福を祈りつつ、
二度とこういった悲惨な事件が起きないよう願うしかないです。

 

千葉県茂原市女子高生殺人事件について動画アップしました。

 

 

ツイッターでの声

 

 

 

 

YouTubeでもトレンドニュースなど取り扱っています。
是非、チャンネル登録よろしくお願いします(*´ー`*人)
チャンネル登録

 

 

スポンサードリンク