たか(taka)です。

千葉の女子中学生 佐久間奈々さんが
誘拐されてそのまま行方不明に…

事件から今年2017年で26年が経過した。
実に不可解な失踪・行方不明事件です。

 

 

事件の経緯について

 

1991年(平成3年)10月26日(土曜日)
中学では中間試験の終了日で部活も休みだった。

佐久間奈々さんの自宅アパートでクラスの女子友達3人
でお泊り会をしようということになった。

 

奈々さんの母親は夜間、
千葉市内のスナックに勤めに出ていて、夕方から夜まで不在だった。

 

10月27日午前0時頃になってお腹が空いてきたので
夜食を買いに行くことになった。

 

大宮台に当時一見しかコンビニがなく夜の23時に閉まっていた。

仕方なく約4.3キロ離れた小倉台のコンビニ
まで自転車で出かけることになった。

 

 

道幅はあるものの暗く人通りのない道を
彼女達は北上して何事もなく小倉台のコンビニに着いた。

 

午前1時ごろ、買い物を終えて大宮台の自宅に帰る途中
国道126号線の坂月町交差点を渡って260メートルほど行った
あたりの多部田町付近の路上で、奈々さんの自転車が道に
落ちた木の枝につまずいて転倒した。

 

 

国道126号 坂月町交差点付近はこちら
Googleマップ 2015年撮影

 

その時、後ろから歩いてきた1人の男が奈々さんらを追い越して
数メートル行ったところで止まった。

男は「お前ら、何やってんだ」といいながらポケットに両手を入れ
風を切りながら近づいてきたという。

 

 

男は補導員を装っていたという。

男の話の内容↓
「こんなところで何をしているんだ!
16歳未満の者が保護者同伴なしに夜11時を過ぎて出歩くのは犯罪だ。
普通なら警察に連絡するが、話を聞くだけで許してやる。」

 

「お前が代表でついてこい」

 

と言い放ち、
佐久間奈々さんを指名した。

 

奈々さんは男の後に続き小道へと足を踏み出した。

 

男 「お前たちは早く帰れ!」

女友達 「あの…、奈々の自転車は…」

男 「あとでトラックで運んでやる!」

 

これが奈々さんと女子らを断ち切る、最後の一言となってしまった。

 

そう命じられた3人の女子友達は奈々さんのアパートまで戻り、
鍵を持ってなかったので、外で奈々さんの帰りを待っていたという。

 

当時、奈々さんは母親と祖母の3人暮らしだったが、
深夜だっためにチャイムを鳴らすのをためらったのかもしれない。

約一時間半が経過して、心配になってきたのか、

 

「誘拐されたのかも…」

 

と話し合っているところに偶然、
同じ中学の男子生徒2名が通りかかった。

 

男子らにこれまでの経緯を話してみると、
「おかしい」ということになった。

そこでそれぞれの親に連絡をした。

 

連絡を受けた親たちは、手分けして奈々さんを探したが、
発見に至らず、午前4時20分頃に千葉県警察東署に届け出た。

 

 

他の目撃情報について

 

事件当日午前1時20~30分頃、
坂月町交差点で通りがかった車の運転手が、
奈々さんと男とみられる2人連れを目撃していた。

 

事件当日午前4時過ぎに
隣接の住宅地である千城台の方を歩いている
2人連れを目撃したとの情報も得た。

 

 

被害者・佐久間奈々さんについての情報

 

佐久間奈々さん(当時13歳)
身長152センチ、体重42キロ
千葉市立大宮中学1年生

 

若葉区大宮台にある築約5年の2階建てのアパートで、
母親・祖母と共に3人で暮らしていた。

奈々さんは母子家庭で一人っ子だった。

 

色白で目はパッチリしており、まつ毛は長く、左目じりにホクロがあり、
髪は自然に茶色かかっていた。

年齢より多少大人っぽく見え、
手配ポスターよりずっと可愛く近所でも評判の美少女だったという。

 

 

犯人についての情報

 

年齢は40~50歳くらい
身長155センチくらいのずんぐり体型。
黒いズボンに横しまの長そでシャツ、黒のニット帽の姿だった。

 

佐久間奈々さんは
26年経った現在も発見されておりません。

 

北朝鮮に拉致されたという情報がネットで飛び交っています。
男の正体は北朝鮮工作員の可能性も…

なんでも、千葉市126号線周辺が
北朝鮮の工作員の秘密ルートであったらしいです。

いずれにしても恐ろしい失踪事件であることは間違いないです((((;゚Д゚))))