たか(taka)です。

2017年8月23日に大阪府吹田市などを
急に襲った大規模停電

真夏の暑さを加え、
考えただけで地獄だ…(´・_・`)

 

 

スポンサードリンク




 

大規模停電は突然起きた!

 

関西電力によると、停電は午前5時頃に吹田市や大阪市東淀川区、
摂津市を合わせて3万4000戸余りで発生したという。

 

しかも真夏の炎天下の中、家庭のクーラー、冷蔵庫は使えないし、
コンビニ、弁当屋さんも営業できずどうにもならない状態に…

かなりの損害が予想される。

 

ATMも使えないし、
しかも、病院は医療機器が使えないので
大変な事態に陥ったのでは!?

 

停電発生が起きたのは早朝午前5時頃、
そこから5時間以上がたっても完全復旧のメドが立たなかったという。

鉄道関係は送電が別なので、運行に支障が出なかった。

 

 

大規模停電の発生元とは!?

 

吹田市高城町に住む住人が何かが爆発するような音を聞く。

「午前5時半過ぎに起きたらボンと音がして、急に電気が消えた」
と話している。

爆発音を2回聞いたなど、
複数の住民が爆発音を聴いている。

 

この爆発で、路上のマンホールの蓋が外れたという。
マンホールの下で何が起きたというのか…!?

関西電力の職員がマンホールを中を点検する対応に追われる。

 

 

スポンサードリンク




 

 

停電の原因とは…?

 

今回の停電の原因とは一体何なのか?

地中にある送電線ケーブルに直径約2センチの穴が開き、
焦げた跡があると言っていました。

 

しかも、損傷したケーブルは平成7年製だそうです。
来年取り換え予定だったという。

定期検査は6年ごととのこと。

 

プラスチックで絶縁しているCVケーブルと呼ばれているケーブルが
劣化し損傷、その時に変電所が電流の異常を察知して
通電を切ったため停電が起こったという。

 

現在8月26日は停電情報はありません。

それにしても、真夏に停電とかマジ勘弁してほしいですよね。
コンビニ、弁当屋、飲食店とかは食べ物が腐ってしまうので
破棄しなければならない。

ものすごい損害です(´・_・`)

 

 

スポンサードリンク